掲示板

$1400ドルの給付金

給付金の小切手が間違って発行されることはありますか?
適合するかどうかを確認しないで入金しても大丈夫でしょうか? 
宜しくお願いします。

ファイナンス系のポッドキャストからの聞きかじりですが、間違って発行されることは結構あるようで、昔アメリカに住んでたけど何十年か前に帰国した英国人が小切手を受け取ったとかあるようです。そこまでではなくても、前年度の確定申告の金額を元に給付を決めているので、該当年度(今で言えば今年)は給付対象にならない人でももらえる事もあるようです。

適合するかどうか、というのがどのくらいの部分を仰っているのか分かりませんが、IRS側がその時に「適合」すると判断して送った小切手は、後で返還を要求されることはないと聞いてます。ただ、明らかな間違いであれば、換金せずにおくほうが良いという話でした。どこで線引きされるのかはよく分かりません。

もしどうしても心配であれば、毎年確定申告を頼んでいる会計士などがいればその人に相談と言うことになると思います。

ありがとうございました。
参考にさせて頂きます。

間違っているかもしれませんが:
去年、600㌦の給付金を受け取っていたら、その残りの1400㌦も受給できるのではないでしょうか。
確か2019年のIRSへのタックスリターンの記録で給付されていたと記憶しています。

この米政府給付金はどういう人たちのところへ配布されているのでしょうか?先日わたしのところにもこの米財務省小切手が届きました。わたしは1980年代アメリカで働いていたことがあり、わずかですが米国の年金をもらっている現在日本居住の日本人です。口座を持っている(日本の)銀行に問い合わせたところ、入金するためには時間と3000円ぐらいの手数料・通信費がかかるということ(この手数料・通信費は銀行によって異なるらしい)。もしこの小切手が受領資格がないということになるなら小切手は没収されてしまうので、手数料・通信費の部分は損することになる。資格があるのかどうかよく調べたほうがよいといわれました。

本日2021/5/17の日経新聞に「米現金給付日本にも誤配ーー元駐在員らに小切手届く」という見出しで記事を掲載し、2021年に米国外に住む外国人に受給資格はない」、「受給資格のない外国人が小切手を受け取った場合速やかに返送する必要がある」そうです。

コメントを追加