掲示板

「自宅現金買いの野望」について

実はForeclousure物件を自分もMDにいたときは買おうとしていました。その時はキャッシュオンリーでなくても買えたのですが(ローンを組んで)、NJに来たら、20万くらいの物件でもキャッシュオンリーばかりでとてもForeclousureには手が出ませんでした。あとこれもMDでの話しですが知り合いの家がSort SaleからForclousureになったのですが、結局売れなくて、後に本人たちのところに月々$1500でいいから買いませんか? とお知らせ?が来ていたようです。当時相場はまだ$350000くらいだったからお得な話しだと思いましたが、友人はご近所さんが嫌だからもう戻らないと言ってました。こういう物件はどうなってるんですかねえ。その値段で市場に出せばすぐ売れるでしょうに、それはしないんですよね。市場価格が下がるからですかねえ? 一般市民には分からないこと沢山ありますね。

お知り合いのお話、面白いですね。
MDも差し押さえに時間がかかる州のトップ5に入っているところをみると、MAでもこういった感じなのかもしれません。

ほんとなぜ価格を下げて売ってくれないのかしら!

でも昨日調べていたら、MAの場合は、急にWells FargoのREOが増えていました。場所のせいなのか、銀行の方針なのか。。。

価格さえ下がって買い叩けるなら、キャッシュもあり!って気持ちではいるのですが、納得いくところまで下がらなければ、低金利で買うって形なのかな~と考えています。

たぶん納得いくところまで下がった時にはお金持ってる投資家に持っていかれてしまうのかもしれませんねえ。でもREOが増えてるなんて良かったですね。低金利はいつまで続くのかしら? うちの周りも徐々に下がってきて、もうちょっと待ってたら、なんて思いつつも、うちの1番上がもう3年生なので、いい学区に越す場合はこれ以上待つと追いつけなくなりそう(成績が)と、思い切っちゃいました。自分たちだけならいいけど、子供のことも考えると本当にタイミングが難しいですよね。あ、今気づいたけど、Short SaleがSortになってましたね。新年早々失礼しました。では、今年(か来年?)はCheeさんに納得のいく物件が現れますように!

たとえ現金で買えなくても、頭金が多いとビットになったときに有利ですし、結果払う額(インタレスト)も少なくて済むので、現金が多くあるのは良いですよね。

同じ市でもサンディエゴですが、新しいコミュニティーは固定資産税が2%です。同じジップ・コードでも新しいコミュニティー(2%)と古いコミュニティー(1%)では違います。ジップ・コードが同じなので、高校などは同じ学区になるのにすごい不思議です。

話は現金買いについてに戻りますが、必ずしも現金買いがいいとは限らないのでしょうかね。最近知人2人が家をクローズ(10月と12月)しました。両方とも40代で年収もそれなりですし、貯蓄もかなりあるようですが、2人とも年収同額の家を購入し、しっかり30年ローンを組んでました。彼ら曰く、現金は不動産に入れるのではなく、金利以上のリターンがあるものに投資したいから、そして長いローンを組んでインフレをヘッジしておきたいからとの事。資産があるのに、現金買いしないなんて!。。。と思ってしまうのは日本人的発想でしょうか?

MIMIさん、

どうせ税金でもっていかれるなら、ローンで払うのと同じ(どのみち手元に置いておく事は出来ない)という事なのでしょうか。現金(流動資産)が手元にあれば、万が一急にキャッシュが必要になったときも安心(時間稼ぎが出来る)ですしね。

なるほど~。いろいろな見方ができますね。
我が家としては、とにかく生活費を下げてしまいたいというのが大きいです。
現金で買うことによって、家に払う総額を下げたいというのもあります。

現金が手元にあった方が、というのも良くわかります。でも金利以上のリターンがあまりないんですよね。

全財産をつぎ込むつもりはないので、よっぽど安い場所で無い限り、頭金を多めに出すとかそういう方が現実的でしょう。

逆に、キャッシュフローの出る不動産投資物件に関してはローンでもいいです。
税金控除はその辺を利用したいと思っています。

金利以上のリターンがない、と悲観的になられていますが、そんなことはないのでは。
現在高くて2%の金利、reward Checking Accountでも4%程度ですが、マーケットは順調に伸びています。
昨年もいつものように401k満額、RothIRAも満額を入れていましたが、1年間のリターンは全部平均で20%、過去2年では38%とかなりよかったです。もちろん2009年のような年は滅多にないので、落ち込んだときもくじけず少しずつ投資し続ける(とくにRothに)のがいい結果を生んだかなあと思います。
コンドも去年のクレジットにぎりぎり間に合って買えましたが、もうかつてほどの住宅バブルはないと思うし、住むところとして考えているのでリターンそのものはマーケットの方がはっきりしていますよね。
やっと今年からRoth 401kがスタートするので、リタイアまでにちゃんと育ってくれることを願っています。マーケット観察とポートフォリオ見直しとともに、税金をいかに避けるかもしくは少ないうちに先払い、というのは大事ですよね。

リーマンショックの時からみたら、少し回復してきましたね。
私たちもRothは続けています。
しかしながら、今回のことで逆に、歳をとってからしか引き出せないものに全てをかけるのでなくて、年金代わりの投資物件を持とう、という考えに変わってきています。

コメントを追加