ブログ

Fiscal Cliff 中途報告

Fiscal Cliffの税制への影響については、実は今年3月にブログ記事を書いたことがある。Fiscal Cliffなんてしゃれた言葉がまだ一般化してなかった時期だけど、事情背景は同じ。

2013年の連邦所得税:あーだこーだ推測篇

3月のブログ記事では、私はのん気にも「2010年のように何も変わらずに終わるかも」なんて書いていたが、選挙以来、政治の風向きはオバマ大統領に有利になので、高額所得対象の何らか増税があるのは今では不可避。

Fiscal Cliffを巡るオバマ大統領と共和党の政治交渉はまだ終結していないので、憶測・推測も入ってしまうけど、とりあえず今回は中途報告。

メディアのニュースを見ていると、まるで国民全員の所得税率が上がるような扇情的な書き方をしている。しかし、3月のブログでも書いたように、オバマ大統領にしても、ミドルクラスの所得税率はブッシュ減税レベルをキープするつもりで、高所得層だけ対象の増税(ブッシュ減税の失効)を押している。

現時点では、Obama大統領とBoehner下院共和党リーダーの間で、増税対象の高所得層を決める線をどこで引くか交渉中。

O氏: 「世帯AGI $250K以上の所得層対象に増税したい」(選挙中)
B氏: 「いや、増税対象はAGI $1ミリオン以上の所得層が妥当」 (おととい)
O氏: 「じゃあ、AGI $400K以上でどうだ?」 (昨日)

そんな感じで交渉はまだ続いているので、最終的にどこで線が引かれるかは分からないが、現時点の推測では、少なくともAGI 400K未満の世帯(既婚で計算)はセーフな(所得税率は上がらない)可能性が高いのではないだろうか。

線引きの所得額の同意ができたら、それを下限額にして39.6%が適用される新しい所得税ブラケットができるのだと私は理解している。

また、来年からItemized Deductionの額や%や内容に制限(Cap)が付いたり、年収によりPhase-outされたりする可能性もゼロではない(まだ分かんないけど)。州税や固定資産税、Charitable Donationなど、Deduction項目の支払い時期を選べる場合、まずは政治交渉が決着して2013年の所得控除ルールが決まってから、今年中に支払いするのが得か、来年に引き伸ばすのが得か、考える必要があるかもしれない。

前に書いた、高額所得者対象のNew Medicare Taxは、施行確実と思ってもらってOK。

Mikichinさんが掲示板で書かれた Payroll Tax Holidayの失効、は、ほぼ確実だと思われていたけど、ここ何日かPayroll Tax Holidayを延長しろ(+失業保険延長)という声が上がってきた。

Long-Term Capital GainやQualified Dividends等の投資所得増税と対策については、通りすがりさんのブログ記事(これこれ)が秀逸なので、ここではスキップ。

Fiscal Cliffを前に、金融業界で一番活発に動いているのは、遺産税関連だと思う。特に非課税枠を越える遺産を残すだろう富裕層は、去年今年の非課税枠が歴史的に非常に高いのを利用して、積極的に遺産税対策を取っている人達もいる。

また富裕層には、Charitable DonationのDeductionが制限される可能性に備えて(もしものことだけど)、今年中にDonor-Advised Fundなんかにお金を移している人もいるらしい。

Municipal Bondの非課税特典の制限は、一度俎上に載ったものの、今は考慮には入ってないという噂。でも、将来また課題に戻ってくる可能性はある。

というわけで、今の時点で来年の増税をどれだけ心配するべきかは、その人の今年・来年の所得税率、家庭事情、資産状況・投資方針などで違ってくるのではないだろうか。

我が家の場合は、今年中に確定できる所得はできるだけ確定し、課税口座にあるいくつかのファンドのLTCGを収穫することにした。あと、税理士に今年の最終開業日を聞いて、アポを入れてある。

では、これから私はCliffside Wineryのシャルドネをすすりながら、Cliffmasクッキーをつまみ、Fiscal Cliff Notesでも読むことにします。

皆さんも、Merry Cliffmas and Happy Holidays!

コメント

そういえば、ポピーさんの記事がありましたね!
日本語でFiscal Cliff関係の話見たよな~という漠然とした記憶はあったのですが、すっかり忘れてました(笑

市場はずいぶんと楽観してるようですが、はてさてどうなることやら。

>通りすがりさん

こういう話題にも旬があるんでしょうね。早すぎてもいまいち(笑)。

皆、大声で騒いでいる割には、おっしゃるように市場はのほほん。

今は、Boehner議長が$1ミリオン案を下院でゴリ押し可決させようとしてるみたいですね。それが最終案でなくとも、ともかく可決しておいたら、もし話し合いが決裂した時は、それがDefault案になるから、結果、共和党の交渉力が上がるという計算なのかな。これで、ホワイトハウスとの話し合いが進行するどころか、逆行した感じです。

なんか、機能不全カップルの夫婦喧嘩を見てるようだわ。

Boehner議長が$1ミリオン案の下院評決を断念。議会はクリスマスで一時休暇。共和党の財政右派一部が、$1ミリオン以上の増税も嫌がって、可決に必要な票が集まらなかった模様。

そうなると、Boehner議長は民主党議員の票も取らないと、妥協案を通すのが難しくなり、交渉力激減。

下院は27日に審議再開する予定。こうなると、今年中に決まらず、交渉は新年明けまで続く可能性もあるかも。

今日は市場もかなり下がってますね。

法律は来年になってから決まったとして、Retroactiveに1月1日からということになるんじゃないかと思ってます。ところが今年中に決まってくれないと、株(やファンド)を売るとか、そういう決断ができないですよね。政治の不全はどこの国でも経済には悪影響しかないので、議会のねじれ現象などは民主主義の弱点/リスクと言えるのかもしれません(だからと言って独裁政治になって欲しいわけではありませんが)。困ったものです。

ひ~、嫌な展開です。まとまった額動かしにくいです。。。せっかくこの前通りすがりさんがファンドのことまとめてくれたので、いろいろ検討しているのに~!

>Nobuさん

そうなんです。来年の税制は、今年中に決まらないと、対策立てるのも難しくなります。

本当に年内に決まらないとなったら、「来年のもしも」より「今年の確実」といった方向に動きだす人も出てくるかもしれませんね。

今朝のWSJ読んだら、Muni Bondの非課税利子のキャップがまた俎上載ってきたみたいです。ニュースも、猫の目のように変わって追い付けない。

ブッシュ大統領じゃないけど、民主主義政治ってほんとにMessy。

> 今日は市場もかなり下がってますね

-3%ぐらいのFlash Crashを待ってるので、下がり足りないんじゃね?とか個人的には思ってる状況です(笑

>Cheeさん

嫌ですよね〜。結末の分からない映画を途中で
見るの中断するみたいで、ホリデーが台無し。

ホリデーディナーでFiscal Cliffに言及する人には
何か罰則ゲームを考えておこうかしら。

>通りすがりさん

さすが通りすがりさん、Harvestingはとっくに終わって、
買いタイミングを待ってらしたのかな? 

また、来週に動くのかもしれませんね。

> Cheeさん
マーケットの循環心理(?)は、「楽観」=>「落胆」=>「悲観」=>「懐疑」=>「楽観」というパターンです。
いわゆる「総悲観は買い」というのは「悲観」の時にバリバリ買う事をいいますよね。
完全に狙うのはちょっと難しい(悲観スキップで落胆=>懐疑があったり、「楽観」=>「落胆」=>「楽観」という躁鬱お花畑マーケット時代もある)ので、
1. 必ず近い将来買う意志があるときは「楽観」だけを避ける
2. 買おうかどうしようか悩んでる程度なら「懐疑」まで待つ(悲観時に買うのはかなりの勇気がいります)
というのが「どうしてもマーケットタイミングを見たい人へのお勧め」です(笑
今は楽観から落胆への以降が始まったかもしれない程度でしょうね(恐怖指数VIXを見ても明らかに楽観状態)

Index Fund等のDiversifiedなFundに関しての一番のお勧めは「マーケットタイミングなんか見ないで買って放置プレイ」ではあるのですが。

>ポピーさん
>「今年の確実」といった方向に動きだす人も出てくるかも
まさに私はこれです。Tax gain harvestもあらかた終わって益出しし、少しずつ買いなおしています。

>さすが通りすがりさん、Harvestingはとっくに終わって、
>買いタイミングを待ってらしたのかな?

予定では以前のエントリの最後に書いたように今週あたりがいい買い場になりがっつり買うはずだったのですが、妙に楽観市場で買い場が無く、まだ益出しした半分も買いなおしできていないという(笑

なるほど~。急に下がるのが怖いので、懐疑まで待てば、心理的には楽ですね。
恐怖指数、あとGreed Indexってのもありますよね。こういうのも見ておいた方がいいのですね。

実は今日はちょっとだけ買いました。^^

どっひゃー、皆さん、なんか盛り上がってますね。私は「何もしない」つもりですよー!
Emergency用食料にClif Barあります(←関係ないってば)。年末大掃除のついでに、賞味期限のチェックしようっと。

>通りすがりさん、Cheeさん

私はLTCG Harvestingはしたんですが、あまり深く考えずに(一応Distribution Dateはチェックしたけど)とっとと代わりのファンドに移してしまいました。私はタイミングを考えだすと、身動きできなくなってしまう性格なので。

もし交渉が来年に持ち越しそうな場合は、今年中に支払える項目別控除を大晦日までに支払ってしまうのが、うちの場合の「今年の確実」かな。

>Kayさん

CLIF BARを非常用食糧にってなるほどですね。私はチェリー味が好き。

他界した父がよく缶入りの乾パンを買いこんでいて、今でも時々実家の片隅から古い缶が出てくることがあります。

状況の把握が皆と比べて私は遅いような気がしてます(笑)

また記事を発見。
THE FISCAL CLIFF AND WHAT IT MEANS FOR YOU
http://www.boston.com/business/news/2012/11/21/the-fiscal-cliff-and-what...
こんだけいろいろな税金優遇策が一気に同時に切れるのが、ある意味不思議。作った時に気づかなかったんだろうか。。。それとも「失効後のことは後で考えるとして、やっちゃえ!」ってことかしら。。。うーむやっぱりキリギリス国。。。。

>Kayさん

政治家にとっては、将来=次の選挙で、それから後のことはあまり考えてないかも。

一般に、共和党は「先に減税して後で支出削減する」と言い、民主党は「まず支出拡大して後で増税する」と言い、でも人気を下げる支出削減も増税も後回しにしていると、今のような状況が生まれるようです。

あと、大統領選挙戦中の一番大きなDebate課題がこの税制・財政の先行きだったので、選挙が終わるまでは本格的に手を付けられなかったというのもある。

コメントを追加