ブログ

Fidelityの年収8倍リタイアメント・プラン

アメリカのリタイアメント・プランの理論と実践の間には、グランド・キャニオン幅のひずみがあると、前に書いたことがある。

オンライン計算機がはじきだす、$ミリオン単位の目標額を忠実に達成できる人の%はそう多くない。その一方で、まとまった貯金ができないまま、Social Securityだけを頼りにリタイアする人達もかなりいる。

この巨大なひずみをどうするかは、金融業界の課題でもあり、投資信託・ブローカー会社Fidelityが最近打ち出した「(税込み)年収8倍分のリタイアメント資金を貯めるリタイアメント・プラン・ガイドライン」も、そのひずみを埋める努力のひとつ。

(老後事情は人様々だが、これは企業年金・公務員年金が無く、遺産相続の期待もなく、Social Securityと自己資金だけが頼りというケース。)

教科書的プランだと、リタイアメント資金の目標額はたいてい年収の11倍かそれ以上を設定している(12~15倍がよく聞く数字)。それに比べると、Fidelityの年収8倍はかなり低めの目標額。それで足りるかどうかは、議論の余地はかなりある。でも、

   "Perfect" is the enemy of "good enough"

とヴォルテール先生もおっしゃってるし、当人をパニックさせないで「まあまあ、あきらめないで、ともかく8倍貯めるプランから始めてみましょう」と背中を押すプランだと理解している。

Fidelity: Age-Based Saving Guidelines

Fidelityの説明だと年収8倍の前に必ず"At Least"が付いているが、メディアではそのニュアンスが見事に抜け落ち、「余裕ある老後には、年収8倍が新しい親指ルール」といった感じで数字だけが一人歩きしている

このガイドラインのミソは、25歳から401K貯蓄を始めて、67歳までに年収の8倍を貯めるのに、以下の表のような年齢毎のマイルストーンをその時点の年収の倍数で表していること。

年齢 達成額道標
25歳 年収の0倍
30歳 年収の0.5倍
35歳 年収の1倍
40歳 年収の2倍
45歳 年収の3倍
50歳 年収の4倍
55歳 年収の5倍
60歳 年収の6倍
67歳 年収の8倍

Fidelityは25歳で401Kに6%の拠出を始め、毎年1%ずつ増やしながら12%まで拠出率を引き上げ、会社から毎年3%のマッチをもらう例を挙げている。年収が毎年実質1.5%上昇し(プラスインフレ率2.3%)、ポートフォーリオが毎年確実に5.5%成長すれば(おそらく名目成長率。本当はそんな確実性ないのだけれど・・・)、67歳でリタイアするまでに、リタイア時点の年収の8倍が貯まる計算。

レイオフに遭ったり、学校に戻ったり、転職したり、人の年収・貯金の動きはスムースではないし、市場の上下もあるので、401Kのバランスもそうスムースに上昇するわけではない。

「だから、こんな表は意味無い」という人もいるが、逆に、だからこそ、こういったマイルストーンに時々照らし合わせて、自分の達成額は「いい線行ってる」「もう少し頑張らなきゃ」とか確認する意味があるかもしれない。「自分は8倍以上貯める!」という人は、マイルストーンの額をスケールすればよいのだし。

教科書的Withdrawal Rate 4%を使うと、年収8倍のリタイアメント資金は、年収の32%を補うことになる。Annuityを使えばもう少し%があがるかもしれない。

Fidelityは、年収8倍の資金とSocial Securityで、リタイア前の年収の85%を賄えると言っているんだけど(92歳まで生きることを前提)、この主張がちょっとトリッキーなんだよね。

Social Securityの受給額が、リタイア前の年収の何%を補うかは、その人の年収や家庭事情(既婚・未婚・共働き・専業配偶者等)による。一般に、年収が低いほどSocial Securityの受給額がリタイア前の年収を補う%は高くなる(年収からの概算表はこちら)。

だから、85%を達成できるか、また年収8倍で資金で充分かどうかも、個人の事情で色々ということ(85%必要ない人もいるし)。

でも、年収の2倍や3倍の資金よりは、8倍の方が断然良いに決まってる。

コメント

よい記事ですね、ありがとうございます!

この年齢毎の表は良いですね。これなら何とか出来そうという気がします。これが最低ラインと思うと、それ以上を目指さないと行けないのでしょうが。

>ひさん、 Nobuさん

コメントをどうもありがとうございます。

表を見ていると(特に最初の方)、「あ、これなら自分もできるかも」と思えてくるのが、大きなポイントのようですね。

ネット計算機とは、また違ったアピールがあるのが興味深いです。

「その時点での年収のX倍」というところがミソですね。収入が増えるにつれて、ターゲットも高くなるわけですね。50歳で年収の4倍って、年収が100Kだとすると400Kになりますから、決して少ない額ではないです。それにこの数字、「すべての貯蓄の合計」とありますが、ホームエクイティなどを入れてもいいとは書いてないし。いやいや、こんなネガティブなことを言わずに、この目標を越えるように頑張ります。

「その時点での年収のX倍」というところがミソですね。収入が増えるにつれて、ターゲットも高くなるわけですね。50歳で年収の4倍って、年収が100Kだとすると400Kになりますから、決して少ない額ではないです。それにこの数字、「すべての貯蓄の合計」とありますが、ホームエクイティなどを入れてもいいとは書いてないし。いやいや、こんなネガティブなことを言わずに、この目標を越えるように頑張ります。

わかりやすいです。
ってことは成長がゼロとしても、だいたい年収の20%を毎年投資にまわせれば、達成できるってことですよね。
とういうことは~、年収の20%キャッシュフローができるようにまずは頑張ろう。

ものすごーく単純に考えて、これは普通に貯金するとしたら、毎年年収の20%ってことですよね。アメリカ人に出来るのか20%の貯金? ううむー! ま、私は日本人だし、がんばります。 あ、Cheeさんと一緒のこと書いてた。

あはは。私、いつもKayさんのブログやコメント見て、タイプ似ているな~と思っています。笑

>F Friesさん

本当はNon-Linearな成長を無理やりLinearな成長に解釈している感じなので、35~50歳辺りの成長は実は結構難しいのかもしれませんね。

考えて見たら、8倍以上を目指す時は、成長経路はもっとNon-Linearになる可能性もあるのかな。

>Cheeさん、Kayさん、

本当だ!お二人とも同じ考え方・反応。リターンより、元本で考える所が日本人的なのかな。

確かに、インフレ率ゼロ、昇給率ゼロ、投資リターンゼロの環境だったら、5年で年収分貯めようとすると、年20%貯めていかないとなりませんよね。

アメリカ人、特にミドルインカム層に20%の貯金はかなり難しそうです。Fidelityの12%拠出っていう例も、その辺の遠慮があるのかなって思うんですが。

このマイルストーン表、すごくいいですね!これを参考に頑張ることにします(笑

>通りすがりさん

表を見てると、何となく「頑張ろう!」って思えてくるから不思議ですよね。

コメントを追加